現在のid:675216 / 最新:675216くらい

物語よ

その繰り返し傾いて 最高に降る風
水玉ひと惑ってる ふたりの連置

白い指を投げてくれる綺麗なアセール
夢に見えてた景色が 愛してくれていたわけじゃないけど
それでも僕だけに それともせぜ

思い歌う胸に届かない…

前を向いて歩く季節は何が起こる
離れないように
思い出この日々がありたい
抱きしめてごらん
時の果てへ君は何処?
もっと

さぁリスル  魔法になって
スクっぱ、優しく響くよ

思い出も もう君を声間にならない
これが ビリーンの海をえば
またひとつ へ どこまで
僕は ちょっと 遠く あまども
なんとも 打たれてもいいかな

知らない そんな憂いて
今日も 何もないのだ

ねぇ あの頃のあの気(わたし)が
泣けるとびいった事の中

不酒はつく 胸の切ない日々
dandelticon 背中触れないで

あなたと私 二人 限りあると何が考えるのかなんて
想いも 伝えたい想いも わたしも歌う
ふとしたその瞬間 出会った空
いつも来て あそぼちそ 想いは出が輝いて

2018-01-20 00:40:33