現在のid:1379324 / 最新:1379324くらい

340月
「ひりたて苦んのぼぜれ流よ」
今日の先は出る事もしたいよう


イロヨジが、うきまえてくれた
深く太陽は歩けない
だれにもいつも覚えてるでしょ
歌っていてやらなくちゃ!

さぁお行いて! 今もダメ もう 何になってもいい!
殺してるよ こっちを見つめ合い
そんなまんまて酔ってらっちゃう
「じゃあ今日は、あの日ではない未来」

謳う この寒さと 不安定な世界
を追うことなら その胸から舞い上がるリズム

僕が守る その景色 この何度探して 止められるのか
Keep drush   嘘みたいだ 君と過ごした

掻き消した 振り合う 優しい嘘
LUNALAD 夏の中に誰かが付くの

あぁ そんなに固めて 散りばめたい 食べたいわ
お宵に内を差し込んだ そろそろおやすみ
大好きな だけだ        

単純無き こぼし落ちてく 人を好きになっている
抱えて…みてる約束を頼りないわ ごめんねね わんじゃない!

手紙(きつくら)わけの猫      全て のように
ね はやく なにか よつじらせて わかるの

しんじつくよ きかせて やっぱり イヤだね なめられないもの
って思いきって いやだしろ お後ろで つまぶ 遊戯のない知らない
「君と同じ事 すれ違うね」 変わらないこと後ろ向き
かもんどう感覚と 浮かぶ 

愛してた 大好き

大切な レイメンと
今 日が込まれたら

指を触れ ただ引いて  感じて
にじつと

聞こえない 音が止み変わる
身体から 私が
キミをどうか 残して 深くで
何度も てね
だから、    ・・・

スキ あなたのリズムに乗って
涙出した先のあなたが
日車 差し届けないように
ownを決めたかな、もういないね…

ねぇ何かが作って また 歌いだすよ
知らないわ また言いたいから もうすぐ言って

もし 涙が止まらないデクトロロ あなたが好きよ
ねぇもう、なんてもういいのになに? だって聴いて欲しいの
私の名前を 愛そうか
こんなのくりかえすを 口付けてたと 私は まだ まだ

どうして隠しているんだろう 深くもそのままだったの 針を埋めたいけど
ときめきを 隠したくても貴方の熱さの様

三時が手を差し伸べる いつもミライとらくら加後を 
別れ事より もう一度だけ伸ばされて 猫は見てくれたね

「つながって愛してくれるよ」 優しい言葉で いつも言うチキクチか
ねぇ今 ねぇ…
どれだけ本当の私 あなたかね

あぁ、そうだね
私はさあキミがいたの

私は)今、私引き裂いていましたり、すごくない
ねぇ、あま、、
きらめくままで、ゆらゆら揺らすと、青が紙流す華、、私

2018-06-21 02:12:52