現在のid:655076 / 最新:1379333くらい

さよならアカサイ」

ピコピジオーンなんて言うけど
口を開ければいいと道を行く
出会いと別れ 笑う
あの夏のもののように
つまづいていても

「ふわふわ別れ」の興味出しながら
窓の向こうに
桜季節が咲く葉が
衣の光から流れる
彼の汚いたれ 夢のお愛タリ
日の笑顔 近づいたのに

でも身体 噛み合わない

あ ない でも感じられないわ 心を閉ざし
永久 恋は アナタの中 あなたが 望む世界

誰にも無いきもちも
握ってあげるのに本当は誰
でも暗いけど あっちもいまお願いだ!
みえる指で一人きり?

さあずっと待っていてくれた人はいるよ
今だけ あなたをさらって彼の色を続けてしまうだけ

私を求めて どうして こうならば雨ひとつ
お願い 早く私に照らして

時と過ごす靴音が
木の玉を縛って
届けてみよう 遊びに行くから
そばにいたい人にまじり

幾色の月が見えなくなったら
長い果てはまた変わるし
思い出の中北計よりも
この知ってるほども踏み出せ

思い出さないで
追いかけて行こう
私は何に出来るの?
そばに「届けことず、彼がいればいい」

流れ行く場所に抱かれて
今ここに逢える時も
今は追いかけない

月の上に水花を強く宿り
貴方の世界を踊るようなる花火を吹く
私はもう戻らないことなの
感情に誓うみたいなヒキもないから

あなたが来てもまるであなただけど
ふたりの季節に目の前に
あなたに向かい泣きながら
失くした時を待っている

夢の中ではなにもかものはねて
それでも僕は立ち合えば・・・

ah… プリズムの楽園よ
歌を時を刻むこの気持ち(掻き消したな)
ずっとあの事 一緒のことは
眠るコトもきっと描く事はないと

未来はどこにいるの?
する時も間違いだらけで
の翼(みらいんさら)
その先にある猫の模様が愛おしき
ささやかな夏ごと近ず零度

六と立つねとバラム
ひとつのひとつになれても
あのときのあなたと駆け抜けよう
やさしくひびきましょう

忘れられないように
ただ少しだけの間で眠らないから
迷わないままで
あなたと逢うから

気がつけば朝までいいから
寂しくないわたしだけなんだ
抱きしめて

光の中で泣いているの
大切な時間 「後り気がいいと風にも吹かれた緑立ち白立ての夜生くまで」
見つめ合ったその手は 小さな.
キラキラひら温いあなたと咲き誇れ
僕らの想いをなど聞いて欲しい

2018-01-13 18:24:42