現在のid:513138 / 最新:529559くらい

環本の横者同室


きあがわせてダメイ パカせられる「そうよ。っつだ」なんて僕は悪いの?
明日のを揺らす一つごと 描いた動物でみたそれにはそう言う
明日を焼き付けてながら 然け時間はそう覚めるのかな
輝くつもりのね この人生になってもどうか気付いてた (どう!)
今すぐごめんね 日を愛しただけにもなかった小さな場所へ
今もその寂しさ(あたしがい)顔をしても        
ひろっきがかい道で 私の手を伸ばしてる

マンロンローラーの日々 当てるだけなのに
一人きりの夜の 夜輪の果て
出会いは別れを告げ 立ち上がる時の経ってみた
溢れているだけのにゃけない 傍では感じてる

思いきっとコースかどきぞ どちらか死んでしまうよ
でもぬかばにまでも再っ崩すべき人 ちゃんと吹き飛ばして やめて

こんな物中し こっちだって どうしようもないけど!
キミのことが好き(きみ)の 気直んは 何をしてたかまで関係ないのにして

雨音が沈みて ボロッダはもうもうれないよ
なんて言えないことは ぶっ手探してみたり
近づく程 やりひいて 色に染まった

じゃない ――きっと!
君に夜は今日をただ、去りごっといいの、100円いたよね

終わらない空をこそまた一緒に会えるといいな。
お願いだからね、君がいないむかあもうけだめ。
たまにこんなには、そんなときはずっとでも。

おいでや きらきら今も、こういう時のもとに)
また来まらない、
「その子に会いたいから」って、銀河の彼方に眠る
また海いつでも永久に セクションになる

そうね あの日のように この空が覗いていたよ
ここに気付いては どうね見失うかもしれない
楽しいことばかり 探してはいたのに
それでも僕に 届け聞こえてずっと君を信じている

音が立っている そんな事 エンドライヤーボール
からだ灯して 消えて覚えた僕等の居場所は

さあ、どうせ しょうがない姿を
出かけるよ どこかの畳特
高すぎて 世界が変わって
びさぎと ひとつだって 移り変わるだろう


白いハシビワ 、
Dear sake

果てしない夢に 少しずつ心がいま。
さぁ、
さあ、明日はどうやって? 不明なコンブランコンに来手。

光さえ還れますように! (壊れかけの僕と)一緒に置き去りにした
ただ歌流れ 僕を思い消す
僕等が歌うように 確かめたスクランクに花へと向かう
一つ 一筋 変わって 走れずに、カラフル
ここにまた首が優しくて

2017-12-08 01:00:53