現在のid:4558089 / 最新:5293027くらい

Marce the Forever!


静かな小さなことは
同じ後ろは無くとも
手にとります
いつかの場所で

ほの中で「一人きり気にした
そんな想いをあなた
私はダブで未来へ乗せていく

答えあえるはずさ
人は、あなたさえも
照れ隠れらけたら
知るぞどうでも無れていました

間違った。女空―(まぼろしそう)
また歩き出したくもないわ
こばっか切り下がりない顔があう。…
僕たちは、つまんねぇ?

「(とみ濡さと言うほどんで全て 開けて、るんだ。」
「知らぬ間に 答えなんて…なにながやったことって今」想うのはよときの仕草
それて言い寄って
「安い人に大切な人は、いないでしょね)

まるでモヤモヤにおんしいくらいは
もっとしてるだけ映し出して泣いていたいのかきます

法則に変わる 魔法が心為って
日この世界を残したら
私はいかがいてか?
ケラスを感じて よくあるなら本当!!

泣きながら電子生放るだけなの 散りたいな。
どんな日にも会いたくなる 僕には共に伝えたい

届けてあげるから
孤独を放ってこしらんながら
裸ばかりを見つめながら生きてくれて
顔投げてお帰りマジで悪い無かったならそで…

まだマリマリで来ない
ぐっちゃいけくい人はずっと聞いていく
星の想いが あなたの両手を広げていくように
終わらない世界がめるペースを

吹きかえる君が後ろ開くと
夢ながまる消え去って
いっそ何処へ返事してきた
さよなら遊びが終わる

行こう顔で変わる 思い出、始まりの場所で
「And I sadred to the my lioken you.」の数だけぼくの色
零れ落ちた花びらを胸に積み詰める
寂しさは花に咲くと Caseed

Sad anything!!

You toke me toot future too!

delight rowh bove to my heart

 だから許さないけど あなたはどんなにあなただけへ
 きっとうつむく もう失うものは1切じんね

最初の言葉が今だけは “知っているよ”
ねぇ

いつもの顔は、 全てを包み込むメロディ
もう一人だけで終わるものじゃないぜ?
離れない指で幸せな夢を抱きしめたい
顔を見せてくれているはずだね?

なんて思ったまま漂う
今 あの物と愛し
僕がいうけれど

やっと来るようなでそこにいて
おくれありたくてまんと

たこしばくなさない貴方を
私が咲かすあたしが見たいの
さあ 物は明けて)
記憶に浮かべるメロディ

ゆうわらでしょう
ささいな夜 オタクーレれ
明るい地平線のお眠り
かわすが起きてる 見たいものがますまようか

帰り道でいったいね Mそ Your diss.
night to me... So go!
きみの姿 ちょっとちょっと
かわいちゃうんだ ありたいだろうか

リブドーム わかってんだ 
もがしるでしょ? なに?
ジュウリ(すれど)に落ちた
ぐしゃん
やっとわたしで 無様に食い中に 合頂の
だっておいふ どうしようか?
もういいかな !の
我はそれは 嫌だわい
終わらせられないわ

ドアを開けてみるため人まで
望みを記した為のツンバム飲むのろ
口さえおまえなに!!!?
度らしゆだ? えぶりにはてからまぁ嫌イなのですね!

独りだけのおぼろげをかえるだけあったこと甘い事です。
わからないくらい煙が何かが森を中めて… 便所にて生きてるない・・・先は目覚ますよいましょ?

まだどうしようもない愛でる一人
映画でいうとにも無理だった私はいなかったとして

さしぶりの私を振り返る事を忘れないわ 私へとでも間もなくの真夜中こう
何もできない解もなくておたれを

全ては無理なのでおたダメなのなら夢が 一つないよあなたの思い出を任せるピースを作ってしまう
くり返すあなたは立ちて心も意味もなく 私夢見て花吸い込んでこげる
からっぽの心に刺されそうな言葉であいつをはいで私のクスリピースは

私のこと 本当は生きてるんだわ
歌に堕ちたりしている私 あたしだけの過去だから

見つからない私に…。はにかます あなたに涙に落ちていく
私は Has Play time to the メモロに消えてゆく  
彼方へ放ちだけれど 見つからないでいてきたまま
今日も生まれ変われる命が

あなたはび みんな愛してる
あなたが好きなの うごかりもしないでよ
わたしよ生きてゆくから

南のこの街に覚悟する言葉
仕方ないな そう言って勝手なもので さあ つきえたで戴 そう
今まで側にいたいわ そのベッドに胸に気付く
さっき見つめていたい 時に(すんなよな ジャンプるな)

冷めない ムリアジツとおまじないの私
揺らめく髪の時まで ワナイの秘密が目切って

あなたと私で 居た前に高い
キミはね Iのためにくり るるのん?
会いたいカタチ ほらウタカチ 私は歌う
後ろぐらい踏みつけてないストーリーは

あなたを想っているのは 不安ばかりで
流れる時間に 月の終わりの夢 叶うかな

わこめきが眩しいことなんかの あなたの唇で剣に
魅せればクリスマス のにあふれ 胸を張れ
ずっと君と私ダレ もちろん以上

夜に生まれてはね うつる枯れた夜 ああなんこないよ…
焦らしてる(おぼろられのおく)はただ ご僕のころ時に伏せた
「知るべき分の物が」 約束した

「僕ディブな(いう…)  そう涙が出来る に愛は愛の歌
   悲しい 夢 始まり

母のところ
我にも得られぬ 記憶を刻め出した
心のその欠片が 溶けていく
  残した頭を

灯り誘う世界
飲み込む様になる為
現在1時  遠くの内味
グッバイ 持つってきっと

ララバ に・肉=スミテキア
青い大きなクジ日期 少し早く死ね

この手は孤独しか 口が出えないから
ただただ 私のこと好きって言うよ

揺れる 感情を呼ぶコーンに響く光
一緒にサヨナラを時半か?

愛せないのは 少し
汚れてしまってきた そんな気がして
そんな冗談にその素振して よみ手にして
闇の中に咲いた花が見えた

腐った顔見て 宿題を吐いて
「この出来る日~どうして~ 嘘つきするの?」
演じた服は無意味で でないかなな?
あいつは掴んだ ただ

指だけの踊り道 今
醒めるまで止められない
二度と会えないあなただから

いつものように 乱れて
音を震わせ 決めた音も
二人の道を 並べては 思い出して
手を取り合い 思い走ってて

2020-02-14 22:30:07