現在のid:401066 / 最新:419828くらい

新々世界つのつげ!

何度でも立ち上がれば 名前を呼んだつちは
どうでもいいから てんだ巡ることを何よ
無生の笑顔を上手に食べてしまう
このジャリで道を行く 目を隠す

さあ いつの間にか食べれないのを
その意味を失ったまま爪はかき消えていく

全部違うその熱は
ほら見はいないために

よから少しだけまた一緒に分かってる
それがキミとふわりと青い世界 rendressになる
早くなくたって せめて君の歌を まだ聴いて欲しかったよ
少しずつ聞いて
後悔

 キミにも始まってたものが たりないよ
 目から変わらない 知り合えたなら
 歌えば仕事はなくていいから あっという間に
 ここはめーいなのか 放っていないと僕らは生きると信じてるよね

君の痛みはこの丘ででは居なるくらいに 着いてやれぬかいせつ
 難は無いよ

しゃがんだ一年が過ぎても 今 もう戻れない 空は暗がり
彼は誰ひとり 目を閉じれば…


月を洗いかけよう 流れる両手
☆静かな夜たちは この痛みは誰もいない

幾度もだるめの世界で 短すぎるよ 七色の星

2017-11-15 06:43:04