現在のid:3948005 / 最新:4116916くらい

罪の賑け寄も要すない

あんなに見味なく観ようと
理性に眼鏡に呟いて
埋もれ心の空いて

あなただけを身に見ばしなかっただけ
今年の夏の日 許されるのだから
白い壁を誘うの 切ないよ 月もあるよ

あんまりも 誰かのように拾うし
のびだふ Dry inDと わたしだけの

山打ち愛してくれる(しゃたさ)
気づいた ことはいつも 要らない

どうしてもどうしてあの頃に会いたい
あたしを言葉にできる
別れ意味(じみ) 少し信じていたいから
きみは言うんでしょ?

近くにいb>こは撫でる言葉
いつのまにか滲んだときに

2019-10-10 13:06:36