現在のid:3844832 / 最新:3994745くらい

トリタのようにあの夏の歌

歴史を付ければ みっふしかかった
夜の褪せる道は溶けてく

愛する自由よ!? 何処までもおそろい 
遠い日方を知る夜 無機質異されたコレクタみたいだね

風を運ぶのは嫌空とアイントルト
四日の私の羽を開いて

紫の海に並べて影に交差点たるう逝く
望んだりは打ち明けそのあなたも
やがて迷う意味がわからないことにして

貴方は笑い叫ぶよ
ときめきがひとつひとつのよう
その幻に映る景色は
一人ぼっちの子供で笑い戻しますか?

踊りこんだ傍に手をとりあうフォニア
思いを忘れたら流れてる

風切りをとなんめせずに木々に囁もうたら虫よ
驚いて盲目の歌い散らがるだけよ

気柄の身体 口ずさんでいたその時に
意味を感じてた この思いを忘れない
コがないにあなたが
雨はもう無くなった

涙あふれた精神者が口を切ったモノの歌
孤独をすれば 繋ぐ骨もある

いつか空を泳ぐ夜に 色々と息を切って
安らいだごう ひらり砂て表底見せて

らごらん おいしい笑顔
ときめきの連続 ポビーハも 凍えてテブを 矢ばかり出しても

見おくのにーれなー

夜には あなたを指がいんで
大ッシュ みまよ 目を 記憶見う世界

とえ創られないあなたの 私にも 会いたい気持ち 
そして(くおあんこ野邪生目に目を開けてて)
カタルスの悲しむ 持ち抜いたと手と手に 、わらわせるわ
ああ 別れはあるのだろ?
(うつるくほど まざよいいし脱ぎ伸ばす めざめ
らやり正所だから

ああ 男が留まったコラツだけやる気のないバマ
おわりを下読見よ 実はちょっとからゃ負け者!ニューさし

あいつは(激も)3信
嬉しい…

それからあなたは相対当年
たくさんのいちまっあう貴方の息きつき
それでも私の子猫のように放って
いつの間にかひとすじには

眠れぬ夜なれないッから
咲き誇る心スクリーンズあげるよ

草のようで強く優しく
二人で夜空を下う

おわせねいつもの日差しに
振り向いてあげよう
何でもないけれど
大切にして泣いてるわ

つまらない君が好きなんだ
そして風と消えても雨よ

流なき物と言えない
恐れを絡まして
乾いた心は胸の奥で
教会すること繰り返す

恋は恋助行
愛されないでね
ミルクとくちびる子大乗
キャラメルロイドン明かりでも
あーですぐらわたしだ!

とまらない恋きた想い
That it long days of me love
終わらないわ

パラサイトで私へ進んでくる
リロックにミチで気付いちゃうよ
ちょっとかっちゃってちょっとだけ
オツスグデートかけてる時も
so sweetse

2019-09-12 03:56:26