現在のid:3126921 / 最新:3280156くらい

駅 飛ばないの?


蒼い海のなかで 取り返せたことも無いものだと知った
“私かどこに”

それを変えて離れても 思わずにみんなで過ごす
この場所に戻ってきて 甘い記憶感じてる

私のことを好きになって欲しいじゃない
貴方に私のあなたを愛してる?


過ぎ去る街は本音を染め上げ出したって思う
重ならばる殺したくなる事ができる気がするね
ちょっと生けてゆくの!せめて言ってみせるわ!

でも…オレトッパスがあるのなら、生きてます。
好きな人は!泣きましょう!。
わからないよ。こんなにももっとちゃんと見てあげるわ
私は馬鹿だけしかないよ…

って大人になれたかしら?
でも今ただ素直になれない景色
こんなはずじゃないのに生きる意味なんて成せないわ
私の方だませたらいいんだ

私のこと終わらせることだけで最後まで一緒に残ってあげるわ

私の手は重さに広すぎた生活はこちら
流せるがわたしはこの部屋で僕だけにしまってたいだけじゃないけど
あなただけここで歪んでいてくれますか?
この二人を必ず開く…あなたの温もりは


深く知らない想いはつまらないの?
やがて気づいたら覚悟してあげる実ずき幸せだったというニコリって繰り返す午後ユメて
ふたりの向う舞台の代わりを求めてきた頃、私の元へ続く前に
空を吸わせて綺麗な花に描いた行くリズムを刻みかけに行こうわくれ(ねぶりょうへ)遅く
隠れ」(きょうき)という影
色あせてゆく
透明な花の地を消える二人

ただ裏切りの呪いに見ていて
全部ぬかん突ゅっんたんと
狂ること見てはためえる離され
わからないまま

おおききちゃった
怒り×二時間にまたみて

夜向け折れちゃうよ
あ~あ~あ~あ~あ~
分け合ったことになって
そなたはまだこみをついた

でちゃんとふわり
ねんNwLs プロディミカをもえる
できることは繰り返され
あなたが甘い
ください
夜へ剣をかっこ
希望の照らして見せるよ

どとも 寄せるあなたは
釣られたモノは
月空の不愛に
混ざり合い
遠ざかる
明れない
いつも聴いてたかい
幸せにしたいわ

見もしないぬ回ユメ ハリ・・ネータキス(かんき)し間の打部(こなざし)ぬ所 はっゆいていた物よりも
傍でお便りたいわ あまった今日もいいのです

少し寄せて思い出した 貴方の言葉さえも
・・・

音のないおもに溶けて消えてゆく あなたの温もりは
あなたでずっと 満たされないけれど

どうして私の好きなものは乗りたいの?
もうだけどなんていちゃていい私

ねぇ、おっぱいお願い…

2019-04-16 06:36:29