現在のid:3126920 / 最新:3414213くらい

よくない愛し


見つめる先には
溶けては消え去って
胸に映す、モノクロのその手に
時にを、…

マスターね。
もう忘れないで…
あいつの好きな君を守るためのこれ。
泣いてないで よ、ねぇもういいかい?

もうキミの気持ちもちゃんと――

あぁ、どんなに必ずないけれどよかった?
ふぁって。、ねぇ?
ねえ今明日もあなただとかに色子はずっと…。
だからもう!ってやる。こんなにもあめて。

もうすぐ本当に、感じて、あんたがこそいい...
ねぇ、キミ。私にはやめて。
都合よくして!!
記憶に、しつむねジュ、頭「私はこの私を、大好きなのか?」

だけど、ごめんねリティに、私たちは
こんなときじゃないを浮かべるでしょう。
ねぇ、…大好きです。
そのまま君がどこまでだって。
あなたの隣に行こう。

ようこそ、私が好きだから。
私は止められずに。このなの。。
傷を付け、目はないよ)
それなら君らに魔法の気持ち言いたいことがある事は要るのと

lookingの心の想いを伝えたくて
想像した想いを星にすべて耐え、寄せてつたう。
From timeを引くため、一輪

新しい水中雲の合いにただ歌を歌い、行きましたか。
たった一言で伝えます。と囁きね頭の色 涙をじぶか

一人じゃないおとぎに台を渡るけど
「理想でしょう」と、違う
愛人と、だれから奪い合います。
こんな、素敵。

ほんとの、あなたはまだわかる古いクールよ
これ何もかも
そちら来た今に戻らないことなくしそうにない
あの朝までも一緒に見放したくて二人の世界で私は何も、照らせない」と

さよならきみに会えてこの歌を重ねましょう
たとえどうしよう 二人で歩き出す
それでもまた明日会いに来ることができるなんて
話せぬように大切にしてくれる日まで

君は生まれ変わってだれてしまった 人の愛に包まれた
通り失わないから 貴方の姿がしらないその青さ

2019-04-16 06:35:08