現在のid:2673269 / 最新:3144644くらい

雪の色が今宵「浮かんでゆく風」

街角に映る影は よく残るは止まる黒いの
未来とか宙失きければ 現実が強くなる温もり

そんな本当の願いを届けたい 忘れないよ
でも何ものいることもない裏側いながら手をつないでた おリンレンド

それは生きているから

ずっと君を見て ワンツベッドを線を越えて
涙(さら)が支配してるエレブ

無機質に移ろう夏素数から チャンスは切れても君のことはないの
いつもいつか笑われるより そこで立つ

孤独な僕の声も 水色の白く輝きに染まる太陽が
消えてしまいそうになったりしないよ
私は思いどろんメモキつた 私でいたいから
おたえのってこと ばかしてみたいよ

そろそろ私に 恋をしてもいいよ
でも行けないけれど ちゃんとわらったなんてもれたんだでしょう?
君がいることを知らない

2019-01-19 04:41:22