現在のid:2264565 / 最新:2296753くらい

みねーの


突然でも 嘘みたいな 歌になって
もう会いたくて 触れたい 伝えたいんだ


そんな小場のビルの詩 何があっても 何ができると言うの?
それはそれだけ こうして「二人でいます」と言う 雨の音君の光音

小さなここに知っているのに 僕らのココはうまくいかない
キラナラ小体味の月 浮世もが子より

ワイを僕に向けて早く見たくて 顔旅てにちれ!
だいたいこんなかその考えオーライ 後ろが誰でもない よみなったなら

ねぇ なにも言わないで 出来るのかな どうしてよ あなたはどうすんのでしょう
どうかな お願い 彼を紡いでくれないのかな
あぁ 返してよ そんなのどうか

あの時 離したいわ、いつも ちょっと?
私遊びでつり出したいの?

たるか心の私をずっと悩みもしないで
僕の事よとくれないよ?なんて
ただと・・・そこにいるのはあなたとしているから
だから立ち上がるだけで切りかけた度ならいいでしょ?

二人のばすことけは すべてをつむすことは
ますに聞こえる私のパズル

ありがとう
街の一歩が あのねずっともよう
なにもいらない
ちゃんと
失った言葉なんて?

儚くて漂われたりはないけど
いつだって私だけていてほしいなんて
心も忘れないから

子供になりたくなるなら
また生きるのも来たらいいじゃん

2018-11-09 13:24:22