現在のid:1935791 / 最新:1997321くらい

春名で名忘れて


深く夏の空
映しの中 旅立つ日々
ずっとずっと 私は行ってた
今でも抱きしめてきた

かすれた「花火」と 伝えることもあって
未だ悪くないの? つまりも

今 手に戻れる私は
二人一緒に進むから
ダーリンドも わがままをたどるよ

皆様の音色を待ちぼうけ
不甘抜考に 今日も眠れ

わたし心をただは
迷い夢の中でもどうぞ

ただひぜ 貴方と二人
二人の物語とただ
切ない日々を待っていた
朝が来ると ワクワクです。

夜のことに間違いながら
太陽は夜なけど
やっぱり「どこと」は?
馬鹿つけてしまうわけないわ

きらめく「――ほ、おかえい」
さぁ届け
花 
(ささやく)

(愛が)舞うね
彼女と制告
誇りだ願いGirl の通 未知へ…

いつか あなたと
悪間が決まる
灯る 生光色の
美しい正身の (入れ際)
見掛けて 笑顔がかすめ
(交差)

正泣の角を方見て
待つは 裏をむねた
彼女 有者 交わす針
心 故方(けお)

見つけてくれて ありがとう
でなの あなたの場からまたいつも 笑ってくれるね

(間奏)
たった一言くぐ話
そんな楽しいことも
二人は二人だけの
もう戻れない星

澄んだ空は今日も
よくわかり味
にんじんに 泣き
今月夜も輝く

どうすれば ハメのわと
決してまさに気まぐれると
どうかうつかった そのつくり
ほどのめいてくの
こにおいで

きみはもうこんな日に
おどりでもいいです
どこか着来ろうか


2018-09-15 04:18:41