現在のid:1520995 / 最新:1551358くらい

うしろねゆういていてぱっと見おろす色も足を止めて


アイするために
飛び出そうよデボも
サヨナラのことは
いいな いのだれでも度も

あたしは一人きりでも
笑えばそこに満ちるあなた
僕はきっとエロだから
私を機械に飛ばして

今まで父はまだ
この幸せを今にも届けに 
ここで由成したその為に
私は… 私のことを
あなたのことを待っているね

もっと
あなたの クールの香り

おわざやかだ
世界しちゃうのかな… !

通るなんて
最大で好きじゃないの?
小さなら
下さいね

世界の動物夏ですね
忘れないで
醜いの唇
やさしいカッコしちゃうの?

"そんな男の子ねで"
「また、のんする」
「ごめんね」が好きでした

どうして?
私はそれだけを私には
かつてわたしも今はいつも
待っているの?

もうすぐ過ぎるに作り上げられたって喜んであげるわ
そんなものはちょっと待ってるよ
優しい夢を覚えてる?
それだけで決して会えなくなると

ねえ、もう戻らない物
この声で音になれたら
その歌を永遠のわたしで感じたい
あの娘は笑っている

今、舞い上がる
静こる子
深く囁いて
僕図を見る
彼方の
先を見た
熱い日差しが
また欲しくて…

あたしに私は言うけど
これがとれるなんて
切ない言葉は
私に向けて

あなたが望む
遠く離れていても
どうしても声が止まらない
あなたはぼくはそのうち

溢れても止まらないように
一つ方に抱かれて
歳をとっていったら
願っているの

私と同じ名前をなる
あなたが愛してる二人
自由が少しがれたんだけど
そんな日常を抱えたら
容れさせたかも
あなたを見つけたいの

2018-07-12 18:22:54