現在のid:1156060 / 最新:2296739くらい

~ ~U火 Round

色を付けて

手を差し伸べる「哀れの閃光困難」
「二度と辿り着いてしまいました」

記憶の音を聞かせて
記憶の先へ引き出し溢れ出す
僕に近づいてた
だけど私は死んでたね
生きると幸せな間に

そこに僕
道を当たることはない
まてまじめて立ち止まる
自分の想いと曲がる

見た目は見えないまま
見失いながら
行く

旅立つ 出来事に 戻るようだ

どうしても生きられない
異味で心が
過去を閉ざした この言葉は
Repeat 嘘だよ


言ったら 人間と
別れたのかな 本当は
全てわかってるよ こんならもう無いよ
そんなのいんなんだもん
思い出して あと何度だって

そいつはこんなざわめきも
見守ってるよ
あんな同力をにじんだって言ったりしないけど
笑って!虹だから望んでないの?
朝まで陽のてん雲(かたく)

夢じゃなきゃ
やめてみせてください
ちゃんと ガラスを越えて
嫌だよ・・・

だからほら 声をかけようよ
君には届くかな?
今までに
見たくなってる

僕の足音 籠に咲く 光る
静かな夜が 夜を裂いて
明るい夢を聴こえる
君の背を
げね

2018-05-17 08:26:24