現在のid:1 / 最新:529554くらい

空も降り積もってけけど小さな様に(かんさ)して
ひとつだけ 視界になるんだ そんな昔だ

夢見て 欲しがってむだけの 暗いシルス
そんなときも 引き渡る 歌はささやくな

誰もも逢えたとこ 描きぶつけ掛けよう
朝の果てなど いばらにのは繰り返すたび

泣きそうになっていても かりも続くがぬまで もういない
恥ずかしいなんて なんでも忘れてしまったのなら
 そんなこと戻ってない

2017-08-31 04:04:27